メイン | マクロビオティックの食事の基本 »

マクロビオティックとは

マクロビオティックが注目されつつありますが、一体何なのでしょうか。
マクロビオティックは、自然体で生きるためのエネルギーを取り戻すための、食事による治療法です。
基本は玄米菜食で、自然のエネルギーを体とそして心にも取り込むことが出来る食事療法なのです。
体にストレスがかからない食材を選ぶことと、そして調理法が基本になってきますが、すでに海外でも著名人が健康を考えて行なっていることから、日本でも話題になっています。
例えば、有名なアーティストやモデルも、マクロビオティックを行なっているといわれています。

体にストレスがかからない食材ということですが、具体的に体にストレスがかかる食品というのは何なのでしょうか。
それは、肉や精製されている砂糖、そして乳製品に食品添加物などが挙げられます。

これらは普通に普段食べていると思いますが、実は体に負担がかかる食べ物だったのです。
玄米や野菜、豆類や海草などの食品を中心にして、季節に合わせたメニュー、体に合わせた食べ方をすることがマクロビオティックの基本です。
この食べ方をすることで、食事によって大自然のエネルギーを、体にも、そして心にも取り込むことが出来て、健康的な過ごし方をすることが出来るのです。

今、マクロビオティックを取り入れているカフェなどもとても増えており、外食産業でも取り入れているお店は増えています。
それだけ健康志向な現代人が増えてきたということになるのでしょうね。

About

2011年01月25日 15:46に投稿されたエントリーのページです。

次の投稿は「マクロビオティックの食事の基本」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。