« マクロビオティックと白砂糖 | メイン | マクロビオティックの7つの食事 »

マクロビオティックの注意点

マクロビオティックをはじめる上での注意点は、食事療法をしっかりと理解しないで、自分の思い込みだけで行わないようにしましょう。
ですからしっかりとマクロビオティックについて理解した上ではじめなければいけないのです。
例えば、主食となる玄米ですが、玄米はちゃんと噛んで食べなければ、いくら栄養価が高くて健康にいいと言われていても、噛まずに食べたのでは消化不良を起こしてしまいますから、体によくありません。
マクロビオティックに限らず、バランスがとても重要ですから、栄養バランス、食べる量などすべてのバランスを考えた上できちんとはじめることが大切です。

マクロビオティックをはじめるときは、誰もが意気込んで、がんばろうと思ってしまいます。
ダイエットと同じで、最初はがんばろうと思うのですが、やはり最初から意気込みすぎると長続きしませんから、始めるにあたっては最初から意気込みすぎないことが大切です。
そしてある程度今まで食べていた食事を改善させていかなくてはいけませんし、場合によっては食べたかったものを我慢しなければいけないこともあるでしょう。
いきなりそれら全てを制限してしまうと、精神的なストレスへとつながりますから、ストレスを感じながら行なうと言うのは健康的とはいえません。

ですから、最初から、厳しい制限をして始めるのではなくて、ある程度余裕を持って、少しずつ生活習慣のスタイルを変えていくようにしましょう。
そうすれば、我慢しなくても、自然に体がマクロビオティックを受け入れ、食べたいもの、欲しないものが白黒はっきりと付くのです。

About

2011年01月25日 15:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「マクロビオティックと白砂糖」です。

次の投稿は「マクロビオティックの7つの食事」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。