« マクロビオティックと玄米 | メイン | マクロビオティック調理法のルール »

マクロビオティックの基本的なレシピと食材

マクロビオティックの食材については、基本的には玄米、雑穀、野菜や海草、豆類をバランスよく食べていきます。
これは、昔ながらの食事の原点に戻っていると考えるとわかりやすいでしょう。
食事の中で主食の玄米が半分、そして残りの半分は野菜や海草、豆類を食べるようにして献立を考えるようにしましょう。
また、マクロビオティックをはじめると、それまで食材なんてまったく興味がなかったという人でも、体の中から綺麗になっていくのを感じていくことができますから、食材選びにも気を遣うようになります。

そして、大切なこととして、食材は玄米や野菜すべてにおいて、農薬を使っていないものを選ぶことが基本です。
マクロビオティックでは無農薬や有機栽培かどうかがポイントになりますので、よく調べた上で食材を選びましょう。

玄米ですが、市販されてもいますが、近くにお米屋さんがあるなら、すぐに精米してもらって新鮮なものを食べることが出来ます。
マクロビオティックの食材を使った基本のレシピは主食の玄米、全粒粉の麺、そして野菜を使ったレシピとなります。
マクロビオティックの食材というとなんだか、たいそうに思えて、一からそろえないといけないので、敷居が高いと思っている人もいるかもしれませんがそんなことはありません。
手軽に誰でも始められる当たり前の食材ばかりなのです。
今まで食べていたものを少し見直して、主食の白米を玄米に変えるだけの手軽な食事療法なのです。

About

2011年01月25日 15:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「マクロビオティックと玄米」です。

次の投稿は「マクロビオティック調理法のルール」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。